分散型、中央集権型取引所はこれからの仮想通貨業界でどうなっていくの?

イーサリアム創設者ブテリン氏:中央集権的な取引所が「地獄の業火で焼かれる」ことを望む

ETH Ethereum イーサリアム創設者であるブテリン氏から中央集権取引所に対してコメントを出されました。

「地獄の業火で焼かれる」ことを望むなんて過激すぎますね!

ETHの共同開発者、ヴィタック・ブリテン氏がDEXの成長が仮想通貨市場に良い影響をもたらすことを指摘されています。

 

日本は仮想通貨市場、業界から衰退する可能性も危惧される!

 

日本は仮想通貨業界から取り残される?
専門家からの指摘によると日本の仮想通貨取引は大きく衰退する可能性が高いと指摘されています。その理由の1つとしては中央集権型取引所においても中国の勢力が非常に強いこと、その中国と比べれば多勢に無勢な日本が太刀打ちできなくなること。

更には資金力も桁違いに差があること。
などがあげられます。

 

さっきの記事にも分散型取引所がこれからの主流になるってことが書かれていたわよね!
世界の大手取引所も分散型取引所に変化していくのね、実際のところ・・・
でも分散型取引所では法廷通貨の概念が無いから使用できないわよね。

そうすれば、入り口となる仮想通貨と法廷通貨を交換するところも必要じゃない?

 

世界の仮想通貨取引所は3パターンに分かれると思う
まずは、さっきの話にもあった通りに中央集権型取引所は中国を中心として繰り広げられていくという推察。これは中国の実際の動きを見ての予想だよ。

そしてアメリカ・米国を中心とする中央集権型取引所も強い勢力を持っています。

そして基本的な国籍や規制を持たない分散型取引所勢力の3つ。

分散型取引所って言うのはネットワーク上に存在している個々のハブみたいなものだから固定化された中央集権型取引所なんかとは概念が全く異なるってことになる。その辺は気になったら調べてみてね!

分散型への規制はとても難しい。
分散型取引所が交換業規制内に入ってくる可能性は極めて薄いと思う。

調べれば調べるほどに奥は深いけど、気になれば都度都度調べる癖を身に着ければ少しずつ知識は増えていくもんだよね。

僕も頑張るです!ヽ(=´▽`=)ノ

 

中央集権型取引所、分散型取引所パワーバランスは?
どうなるかは時間も必要ですし、様々な規制や取り込みがそれをまた変化させるでしょうから現時点では、いついつどうなるって話はできませんが、中央集権型・分散型それぞれに時代に応じた役割を担ってくれると思います。

それにしてもブテリン氏の発言は「中央集権型なんて消えてしまえ」とも取れるくらいの発言でしたので少しびっくりしました。

中国、米国中心の中央集権型の勢力の強さ・・・日本衰退・・・
日本の国も好きなんで少し寂しいですけどそれはそれです。

僕はその分散型の思考に強く惹かれて共感できた仮想通貨がSPINDLE スピンドルなんですよね。これからの世界の動きに敏感に対応してシェア拡大を目論んでおられるようです。

ニッポンがんばですね!

 

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。