今、仮想通貨の世界に必要なのは、皆の一致団結です。

有名な仮想通貨というだけでもビットコインやリップル、ライトコイン、ステラコイン等など、知名度の低い仮想通貨なども合わせればもう数え切れないくらいの仮想通貨が誕生しています。

その背景の一つとしては、2013年末からも大きく話題となったビットコイン・バブルに影響され、その後に仮想通貨業界は瞬く間に広がりを見せました。

当ブログの一押しする仮想通貨であるripple リップル(XRP)の創始者であるジェド・マケーレブ Jed McCaleb氏が、また新たに立ち上げたステラ(ステラコイン)というトレードシステム。

争い

世間的には、ステラに対して「リップルのソース(プログラム)をコピーして作成されただけの偽者」とか「リップルを見放してジェド・マケーレブ Jed McCaleb が新たなリップルのライバルを作った」とか

色々な予想や憶測が飛び交っていますが、この件についての私の捉え方はリップルのライバルとして仮想通貨の世界で競合して世界的な視点で仮想通貨の持つ価値を高める為に行われた荒業ではないのかと睨んでいます。

一つの会社が1人勝ちを続けるよりもできるだけたくさんの会社で競り合い、鎬(しのぎ)を削った方が業界は発展し、繁栄するということです。

簡単な例では、牛丼の吉野家が1人勝ちしていたときよりも「すき屋」「なか卵」etc・・・と競合店も増えて、牛丼業界は確固たる地位を築いたということです。

ファーストフードやコンビニ業界も同じことです。

まずは、その業界が必要とされていることは大前提にありますが、そこからの進展や発展はライバルといえる競合店が互いに競い合うことです。

それが、各業界の発展に必ず必要なことといえます。

短距離走や長距離走でも1人でタイムを計るより、隣に何人か一緒に走る人がいた方がタイムは大きく伸びます。

それらと同じような環境をジェド・マケーレブ Jed McCaleb は作ろうとした。

これから作ろうとしているのではないでしょうか。?

と、私は1人で考えています。

違う方向

今はまだ、各々の仮想通貨がソッポを向いているような時期ではありません。

互いに手を合わせて協力し合い確かなる仮想通貨の方向性を探っている時期ではないでしょうか。

互いに価値を求めて逆方向を向き、争い競い合うのはまだまだ先の話です。

まずは、仮想通貨の世界は価値が有り安心安全という思想を世界に定着させる必要があります。

転がす

←の画像にある大玉を仮想通貨と捉えてみて下さい。

そして、両側から押し合う人をビットコインやリップル、ステラなどの各々の仮想通貨として下さい。

こんな争い方をしていては、前に運ぶはずの大玉(仮想通貨)が前に進みませんよね。

力の強い方が押し勝ったとしても進む距離は半減しますし、1人で押していても疲れてしまって進むのも遅くなります。

大玉(仮想通貨)をより良く進展させる為には、みんな(各々の仮想通貨)で、できるだけ協力して大玉を前に転がす必要があります。

仮想通貨の信用力や価格などの現段階を考えてみれば、まだまだ各々の一人歩きでは不十分です。

みんなにそれをお伝えしたい。

地球を持ち上げる

そして仮想通貨の持つ可能性を一日も早く最大限に引き伸ばして地球を持ち上げてみませんか?

その状態で軽々と世界を転がしてみませんか?

私は仮想通貨ripple リップル(XRP)に心底惚れ込み、それほどまでに大きな可能性と大きな野望を感じています。

それは、当然のことながら私1人で実行できるはずもなく、ジェド・マケーレブ Jed McCaleb の力だけで行える話ではありません。

その仮想通貨の持つ可能性に関心を持つ貴方の力が必要です。

みんなで一緒に仮想通貨の世界を盛り上げましょう。

それが、私からのお願いです。

おすすめの取引所

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m23d_103835984
仮想通貨ripple リップル(XRP)について気になったことや思うことを情熱的にお届けします。( ̄▽ ̄)
気持ちだけでは、上手く行かないことも多いですが気持ちだけでも前向きに上を向いて歩きたい。
そんな思いを詰め込んで情報提供させていただいております。

 リップルラブ Ripple Love サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

手紙
【お問い合わせセンター】

貴方からのお便りお待ちします。

今のその貴方の持つご意見、ご質問が
貴方にとっても私にとっても何よりの宝です。
まずは、お気軽にご連絡下さい。

 お問い合わせはこちらからどうぞ!


コメントを残す