リップルを使用するメリットは?

リップルの利点、利用するメリットとは
どんなことが考えられるでしょうか?

いくつか例を挙げますと

  • 送受金スピードの速さ
  • 振込み手数料の無料化
  • 各種通貨の口座残高が瞬時に把握できる
  • 両替や取引(トレード・売り買い)の利便性
  • 個人間の信用での取引が容易に行えること

深く考えればまだまだ存在しますが
さっと思いつくだけでも大きなメリットが存在します。

金融取引にリップル(XRP)が活用されれば今以上に
利便性の富んだ低コストな取引が可能になります。

ですが、国の通貨としての管理下に置けない点は
メリットでもデメリットでもあります。

仮に会社同士がリップル(XRP)での
送受金を行ったとします。

お店から個人への売り上げとしても同じですが
現段階のシステムではその証明が出来ません。

仮想通貨の世界が本格化すれば国も
黙ってはいられなくなります。

日本国も当然として税金を必要としています。

その税金の出入り口が見えなくなってしまうことが
仮想通貨か流通すれば発生してしまうかもしれません。

個々の税金対策だけと考えればそれでもいいんですが
やはり国が動かなくなってしまっては困ることも多いです。

それも今後の課題の一つでしょう。

仮想通貨の良い点だけを見れば数々の大きなメリットは
存在しますが、越えなければならない壁や

潰すべきデメリットも多数存在しています。

これからが更なる正念場ともなりそうです。

支払い瞬時

話をメリットに戻しますが、送受金のスピードが瞬時ということから支払いは24時間365日間スピーディーに行われる事となります。

リップルウォレット内の取引は自動で行われていますので、速やかにお金は相手に届き利用可能となります。

これにより経済活動を活発化させることも推進されます。

そして他の通貨への両替も簡単に可能にします。

為替の両替のように追加の料金が発生することなく通貨を交換できますので、国際的な取引を活発化させる一因ともなります。

そして相互の利益を拡大させることにも繋がります。

107

そして更に世界中の金融が身近になります。

インターネットの接続環境1つで世界中の取引(トレード・売り買い)と繋がりを持ちますので、世界中で取引の少ない国々の人にも金融サービスを提供できるシステムです。

リップル(XRP)という共有プロトコルを構築していくことで、世界中の貿易摩擦を低減させ、より活発化させる仕組みが構築されます。

これがripple リップルの目指す取引プロトコルとなります。

これだけ大きな世界を変えるプロジェクトが簡単に行えるはずもありませんし、世界的にも世間に浸透するには、ある程度の時間も必要とするでしょう。

ですが、その評価や価値、価格も上昇傾向に着実に進んでいます。

それが加速すれば、手の付けられない状態になるでしょう。

ripple リップル(XRP)の購入を思案している人は
どうぞ、お早めに購入することをおすすめします。

リップルウォレットの作り方東京JPY発行所の会員登録方法はこちらで紹介してますので参考になさってください。

では、またお会いしましょう!^^

宮兵衛(ミヤベエ)

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m23d_103835984
仮想通貨ripple リップル(XRP)について気になったことや思うことを情熱的にお届けします。( ̄▽ ̄)
気持ちだけでは、上手く行かないことも多いですが気持ちだけでも前向きに上を向いて歩きたい。
そんな思いを詰め込んで情報提供させていただいております。

 リップルラブ Ripple Love サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

手紙
【お問い合わせセンター】

貴方からのお便りお待ちします。

今のその貴方の持つご意見、ご質問が
貴方にとっても私にとっても何よりの宝です。
まずは、お気軽にご連絡下さい。

 お問い合わせはこちらからどうぞ!


コメントを残す