リップル(XRP)の値段はどうやって上下するの?

仮想通貨リップル(XRP)の価格は
固定ではなく変動性の値動きを持ちます。

ですので1円はいつまでも1円ですが
1ドルは100円の時もあれば110円の
時もありますし85円の時もありますね。

それと同じように常にリップル(XRP)の
価格は変動しています。

株式市場などの集権型ではなく分散型ネットワークを用いて
各々の取引所(ゲートウェイ)で価格は決定されます。

ですので2014年11月16日現在には
先週くらいまでには、1XRP=55銭前後を
ウロウロしていましたが

一昨日くらいから値動きが活発になり
1XRP=60銭強のくらいをウロウロしています。

まだまだ序盤戦ではありますが、
値段はまだまだ上がると考えています。

将来的には「あんな値段のときもあったなあ」
くらいに懐かしんでいるような姿を想像しています。

値段が上がる要因は?

050

なんで値段は上がり下がりするの?

といったような質問がありましたので、最初から説明させて頂きますと、一言で申し上げますと市場原理に沿って値段は上下します。

要る人が多ければ値段は上がりますし、要らない人が多ければ多いほどに値段は下がります。

株や為替と同じように取引(トレード・売り買い)のバランスによって各取引所(ゲートウェイ)で値段は上下します。

株式市場や為替、FXなどでは売りから仕掛けて値下がりすれば利益となる空売りといった方法がありますが、リップル(XRP)の取引においては現在のところ採用されていません。

また、集権型や分散型といった違いはありますが、原則的な値動きは市場原理として同様の値動きとなります。

情報発信・マスコミ

また、報道メディア、マスコミなどの間で話題に昇ると価格が急上昇する可能性もあります。

株式などにも同じような現象は数多くありますが、報道が一時のバブルを生み出すということも起こり得ます。

一時の急雰は急な値下がりのリスクもありますが、必ずしもそうではありません。

その値上がりがキッカケで更なる値上がりを呼び起こすことは、十分に考えられますし、株式市場でも稀には目にする光景ですので、可能性を挙げてしまえば数え切れないほどに可能性は尽きません。

それが投資の醍醐味でもありますが、悩みどころでもあります。

値下がり

私自身はこれ以上の値下がりする理由が無いだろうとは考えていますが、何が起こるか分からないのも事実です。

急にリップル(XRP)では、敵わないくらいの強力な仮想通貨が登場するかもしれません。

また、いままで築き上げてきた信用を失えば、誰にも必要とされないものにもなります。

人と同じで信用を得るには時間が掛かりますが、信用を失うのは一瞬ですよね。

ですので、リスクが0の投資話など存在しませんし
仮想通貨の世界にも同じことが言えます。

天変地異が起これば、円の価値が無くなる可能性も
0ではないですよね。(少しオーバーですが・・・)

世界的にも日本でも政府の信頼を著しく失ったり
予期せぬサイバー攻撃を受けたり仮にもソフトウェア上での
不都合(バグ)が見つかる可能性もあります。

という風にはまだまだ課題が残る仮想通貨の世界ではありますが
その皆の心配をチャンスに変えるとするならば
今が絶好の機会かもしれません。

私はそのように捉えて行動していますし
購入も行いました。

まだ、リップルウォレットを持たれていない方には
リップルウォレットの作り方

最も簡単にリップルウォレットをアクティブ化
させたい方には東京JPY発行所の会員登録方法をおすすめしています。

また、当ブログではそれ以外にも多数のお得情報を
取り揃えておりますので、時どきは遊びに来て下さいね。

では、またお会いしましょう。^^

宮兵衛(ミヤベエ)

おすすめの取引所

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m23d_103835984
仮想通貨ripple リップル(XRP)について気になったことや思うことを情熱的にお届けします。( ̄▽ ̄)
気持ちだけでは、上手く行かないことも多いですが気持ちだけでも前向きに上を向いて歩きたい。
そんな思いを詰め込んで情報提供させていただいております。

 リップルラブ Ripple Love サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

手紙
【お問い合わせセンター】

貴方からのお便りお待ちします。

今のその貴方の持つご意見、ご質問が
貴方にとっても私にとっても何よりの宝です。
まずは、お気軽にご連絡下さい。

 お問い合わせはこちらからどうぞ!


コメントを残す