仮想通貨が世界の当たり前になれば・・・

今はまだ世界的にも日本にも普及していない
仮想通貨ですが仮想通貨さえ世界の当たり前になれば

ripple リップル(XRP)が値上がりしない
ワケが無いと考えています。

本日は思いっきり全速力で値上がり思考をお伝えします。

ポジティブシンキング( ´∀`)

いつもとキャラが変わってますが御容赦下さい。

腹の底から湧き上がる値上がりへの期待を正直にお伝えします。

いつもは、出来るだけ無礼にはならないように私なりに気をつけていますが、本日は思いのたけをぶつけさせて下さい。

私は本気でリップル(XRP)が大好きです。

当ブログの名称「リップルラブ Ripple Love」は、本当の私の思いを表現しています。

1人で考える

私は1人でトコトン考え込むのが得意なタイプですが(根暗とも言います^^)ドンだけ考えても仮想通貨さえ、世界の常識になればリップル(XRP)が通用しない世界なんて考えられないと予想しています。

だってですよ、世界的にも有名ないくつもの投資会社が投資を行うくらいに有望視されているripple リップルが、仮想通貨の波に乗れないワケがありません。

後は、仮想通貨というものが皆さんに理解されて安心感を得たときは、その利便性から値上がりが急加速するということになります。

ripple リップルの運営会社、Ripple Labs リップルラボに投資を行った有名な企業を紹介します。

Google グーグルの子会社である投資専門会社「グーグルベンチャーズ」が出資したということは、グーグルが承認しなければ出資も行っていないということですので期待度◎ですよね。

また、Andreessen Horowitz(アンドリーセンホロウィッツ)という近年に大活躍している投資会社も出資しています。

Andreessen Horowitzは、初期のフェイスブックやツイッターに投資しているくらいの大御所でシリコンバレーで最も影響力のあるといっても過言ではないくらいの業績を残しています。

これだけでも十分に信頼できる内容ですよね。

ネガティブに考えれば色々な意見もありますし、そういった意見もお問い合わせセンターから頂戴することもありますが、ネガティブに考えてしまっていては行動には繋がりません。

行動力を高めたければ、兎にも角にもポジティブシンキング^^でございます。

夢を現実に変える力はそこから生まれます。

思いっきり突っ走る

まずは、真っ直ぐ迷わず走り出すことが肝心です。

私は、リップルと出会ってから乗り遅れたくない一心でとりあえずは何も調べずリップル(XRP)の購入からスタートしました。

とは言いましても何も調べず無謀とも考えられるくらいの行動を起こす必要は無いのですが、調べて迷ってまた悩むといったことを繰り返すのは、後悔を生んでしまう可能性が高いと考えています。

でも私自身も私なりにはムチャクチャに後先も考えないで行動を起こすから失敗も多いとも反省することもあります。

「失敗を反省するな!楽しめ!」という言葉を聞いたときに少し心が安らいだこともありました。

世界を取り込む

仮想通貨にも何種類もありますし、何種類の仮想通貨が値上がりして何種類がダメになってというほどの細かい予想は出来ませんが、何種類かの可能通貨が値上がりするのであれば、その中の一つはリップル(XRP)だろうと思います。

リップル(XRP)自体が投資目的で作られた仮想通貨ではありませんので、あまり値上がりや投資関連の話に繋げてしまうのは、よろしくないかも知れませんが円でもドルでもユーロなどでも投資目的でのトレード(取引・売り買い)は行われていますので、その方向性が間違いというわけでもありません。

そして、あの世界的なインターネットでの支払い方式を打ち出したペイパルの創業者の1人であるクリス・ラーセンが最高経営責任者を務める会社こそがRipple Labs リップルラボです。

リップル(XRP)は次なるインターネットでの支払い方式、取引プロトコルを世界中に拡散させることを目論みとしています。

すでに実証済みの材料が盛りだくさんですが、世界中の皆様の理解を得る為にはもう少しの時間が必要なのかもしれません。

私自身は、東京オリンピックまではリップル(XRP)を持ち続けるという決心というページでも紹介してますが、せめて東京オリンピックまでは、リップル(XRP)を持ち続けるという想いを固めております。

もっと長くなる可能性もありますが、最低限はそこまでは持っておきたいと思います。

その頃の風景は、まだまだ想像もできないですが一つの夢物語とは言えない位の大きな可能性が潜んでいます。

それくらいにリップル(XRP)に一筋で生活しています。

表彰台の一番

弱音を吐くわけではありませんが、その頃までに新しい新戦力が登場して1位の座を奪わてしまうこともあるかもしれません。

また、このまま仮想通貨の先駆者であるビットコインに逃げ切られるかもしれません。

でも私はリップル(XRP)を信じ続ける覚悟があります。

仮想通貨が世界に認められたときには、必ず表彰台にはリップル(XRP)の姿があるはずです。

その時まで、私は「リップルラブ Ripple Love」です。

それが、私の本音です。

本日はありがとうございます。
私の心からの本音を本日お伝えいたしました。

皆でリップル(XRP)を盛り上げましょう。

宮兵衛(ミヤベエ)

リップルウォレットの作り方

東京JPY発行所の会員登録方法

おすすめの取引所

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m23d_103835984
仮想通貨ripple リップル(XRP)について気になったことや思うことを情熱的にお届けします。( ̄▽ ̄)
気持ちだけでは、上手く行かないことも多いですが気持ちだけでも前向きに上を向いて歩きたい。
そんな思いを詰め込んで情報提供させていただいております。

 リップルラブ Ripple Love サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

手紙
【お問い合わせセンター】

貴方からのお便りお待ちします。

今のその貴方の持つご意見、ご質問が
貴方にとっても私にとっても何よりの宝です。
まずは、お気軽にご連絡下さい。

 お問い合わせはこちらからどうぞ!


コメントを残す