仮想通貨リップルって何?

当ブログへの御来場ありがとうございます。

こちらに来ていただけた貴方は少なくとも
ビットコインやリップルという仮想通過を
耳にしたことはありますよね?

世間的には2013年辺りから
「相場が乱高下する謎の通貨」や

「大手の取引所が経営破綻した」などの
ニュースで悪い印象を持っている人も多いのが
現在の仮想通貨への評価です。

仮想通貨を違った言葉で表すとすれば
P2Pデジタル通貨となります。

P2Pデジタル通貨

P2Pとはピア・ツー・ピアの略です。

ピアとは対等な相互関係を表す平等といった意味合いの言葉になります。

ビットコインはサトシ・ナカモトを名乗る人物が発案した情報を基にそのシステムが構築され2009年にスタートしました。

リップルの話ではジェド・マケーレブ Jed McCaleb 氏などの
名前を目にすることも多いですが現在では

元:オープンコイン社  現:リップルラボス社の
最高責任者であるクリスラーセン氏が開発を進めます。

そして仮想通貨の取引形態には分散型ネットワークという
特徴が存在します。

それは、サービスを提供するサーバ側と
サービスを受けるクライアント側を分けることなく

誰も主導権を持たずして、常に相互に分散型の
取引を行う形態を表します。

それが手数料の無料化を担う役割を果たします。

仮想通貨:デジタル通貨は私達が普段に使用している現金(円)に変わって取引を行うことを目的とする一連のルール(取引プロトコル)を形成しようと目論見ます。

取引プロトコル

単純に言えば世界的な支払い方式の改革を実行しようとしています。

そこには様々なメリットが含まれますが、送金コスト削減や送金スピードの向上などが最も大きな利点となります。

そういったことから仮想通貨とは互いにP2Pな関係を保ちながら互いに一番メリットの高い取引(トレード・売り買い)を行えることを目的に作られています。

また、仮想通貨とはインターネットを通じて行う取引手段ですので、現在の円やドル、ユーロといった取引手段の代わりとなることを目論見としています。

そこには、賛否両論の考え方がありますでしょうが、本当に必要でありメリットがある正論であるならば、これからも仮想通貨の評価は継続し、進化、進展、改善を繰り返しやがては世界の歴史を塗り替えることでしょう。

それくらいには大きな話です。

今世紀に何回訪れるか分からないほどには、大きな話でしょう。

当ブログでも仮想通貨リップルを専門的に取り上げてますので
御興味のあるページは御一読下さい。

凄まじいほどに魂が沸き立つくらいのビッグスケールですので
行動はお早めにおすすめいたします。

あまり悠長に構えている時間はそろそろなくなってきたような
気がしないでもありません。

私からの意見は今回はこの辺で^^

では、また!

宮兵衛(ミヤベエ)

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m23d_103835984
仮想通貨ripple リップル(XRP)について気になったことや思うことを情熱的にお届けします。( ̄▽ ̄)
気持ちだけでは、上手く行かないことも多いですが気持ちだけでも前向きに上を向いて歩きたい。
そんな思いを詰め込んで情報提供させていただいております。

 リップルラブ Ripple Love サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

手紙
【お問い合わせセンター】

貴方からのお便りお待ちします。

今のその貴方の持つご意見、ご質問が
貴方にとっても私にとっても何よりの宝です。
まずは、お気軽にご連絡下さい。

 お問い合わせはこちらからどうぞ!


コメントを残す