分散型ネットワークと集権型ネットワークの違い

まず初めに分散型ネットワークとは個々の相互間で
分散して取引(トレード・売り買い)を
行うネットワークのこと

集権型ネットワークとは東京株式市場の様に
主導権を持つ一つのところからの情報を
皆が共有し取引を行うものです。

現在の普通では情報の交換を分散型ネットワーク
決済や金融業界は集権型ネットワークで行われています。

ネットワーク

様々な機関の集権化したシステムや専売、専有しているようなソフトウェア内で動作している独特の独立したネットワークや支払い、振込みなどにまつわる決済システムは非常に多く存在します。

それが原因で送金スピードは遅く、手数料は高価になり複雑さを増しています。

そういったことからも集権型ネットワークは、必要視されてもいますが、高価な手数料が発生しています。

その仕組みそのものが従業員、スタッフや様々な経費、サーバへの手数料などなどを含めてその上に利益が必要となりますので目には見えていない恐ろしいほどのお金を必要とします。

それが当たり前のように感じてはならないと
リップルは世界に呼びかけています。

分散型決済システム

ripple リップル(XRP)は分散型の清算システムを構築し、手数料がほとんど必要のない分散型の決済システムを作り上げます。

ripple リップルまたはリップルプロトコルともいえる形態は独立した決済のシステムがネットワーク(Eメール・ウェブ)と同じくらいに早く、しかも安く、かつ簡単に通信できる送金システムです。

それは、やがて全世界を巻き込むこととなるでしょう。

ripple リップルは支払い、決済の為に皆が共有し誰も所有権を持たない一連のルール作りを実施します。

それが取引プロトコルというものです。

誰もが所有権を持たずに皆が共有する仕組みだからこそオペレーターを必要ともせず、手数料がほとんど無料という金融業界の改革を可能にしました。

リップルとは世界中に存在するサーバで繋がり合い相互間での金融取引を行うことをも可能にしました。

近い将来にはリップルプロトコルが支払いや清算、決済を行う送金の為の標準のルールとなれば世界中の支払いはEメールと同じように速く、安くしかも単純に行えることとなります。

現在の通りにネットワークというものに手数料や所有権は存在せず、そのシステムを使えば世界中で行われる支払いは一瞬で完了します。

もう世界は変わり始めています。

行動はお早めに・・・

では、またお会いしましょう!

宮兵衛(ミヤベエ)

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m23d_103835984
仮想通貨ripple リップル(XRP)について気になったことや思うことを情熱的にお届けします。( ̄▽ ̄)
気持ちだけでは、上手く行かないことも多いですが気持ちだけでも前向きに上を向いて歩きたい。
そんな思いを詰め込んで情報提供させていただいております。

 リップルラブ Ripple Love サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

手紙
【お問い合わせセンター】

貴方からのお便りお待ちします。

今のその貴方の持つご意見、ご質問が
貴方にとっても私にとっても何よりの宝です。
まずは、お気軽にご連絡下さい。

 お問い合わせはこちらからどうぞ!


コメントを残す