SPINDLE プラットフォーム ZETA 初期からの進化の段階・過程をご説明

SPINDLE ZETAのYOU TUBE動画の翻訳をGACKTさんが担当してます。

 

こちらの動画を見るだけでは、正直なところ1回で全てを吸収することが非常に難しいです。何度も見て少しずつ理解を深めるのがベターかと思い何度も見ましたが、何度見ても新しい発見があります。

 

そこで全ての言葉を書き起こして読みながら理解することを思いつきました。ゆっくり1つずつ何度も読み返しながら理解を深める。

 

「急がば回れ」

 

実は、これが1番効率的な方法だと思います。
GACKTさんが動画で話された説明を全て
書き起こしましたのでご覧ください!

 

透明性、公平性を持つ投資運用を通じて豊かな人生を提供する

 

透明性、公平性を持つ投資運用を通じて、より多くの方に豊かな人生を送っていただく為のプラットフォームを構築します。SPINDLEでは「信用の自律化」を目指します。特定の権威により左右されることのない自由な信用情報は、仮想通貨経済圏における重要なビッグデータとなるでしょう。

 

人類はブロックチェーンテクノロジーを手に入れたことにより、依然と比較して分散型アーキテクチャーを容易に構築することが出来るようになりました。SPINDLEの思想は、あらゆる対象を分散的非中央集権構造にすることだけではなく、自律的人間の創造を目指しています。

 

第一段階でリリースされるZETA-1は、ブロックチェーンテクノロジーを活用した監視報告サービスプラットフォームです。

 

第一段階でリリースされるZETA-1はBLACKSTAR&COが開発中のブロックチェーンテクノロジーを活用した監視報告サービスプラットフォームです。仮想通貨取引所やクリプトヘッジファンド、仮想通貨へ投資を行う投資家たちをターゲットに無料でのサービスを提供します。

 

ブロックチェーンテクノロジーを活用した改ざん不可能なレポート機能、トランザクション記録機能などファンド取引所にとって最も重要な財産は、運用資産や運用成績ではなく、顧客の信頼なのです。

 

ZETA-1は全ての情報を可視化、透明化し、改ざんできないように記録していくことで、投資家にとって適切な投資判断を行うツールとして、ファンドや取引所にとってはその信用を支えるパートナーとして機能します。更にZETA-1の利用を前提としたリーガルサービス、監査サービス、コンサルティングサービスを提供し、時にはそのユーザーが必要としている情報を抽出し、レコメンドします。

 

ZETA-1によって常に情報が収集され、改ざんできない統一されたフォーマットで記録されているため、その業務は短期間に低コスト且つ高い精度で遂行されます。ファンド運用におけるトランザクションレポートやファンドデータの閲覧などには、SPINDLEが使用料として使われます。

 

 

第2段階ではZETA-2をリリースします。

 

第2段階ではZETA-2をリリースします。仮想通貨のエコシステムにおいて主要プレーヤーである取引所は、現在中央集権型となっていますが、ZETA-2では独自の分散型取引所を実装します。レイヤー2テクノロジーを採用した第3者の仲介を必要としない高速分散型取引所「DEX」を提供し、ユーザーにとって高いサービスレベルを実現します。

 

更に非委託型フォロートレーディングシステムを構築します。ZETA-2では、運用の委託ではなく、運用のフォローを行う資産運用システムにより、ユーザーは任意の運用者をフォローするだけで資産管理自体は移行する必要が無く、純粋な運用のみを採用することが可能となるのです。

 

ユーザーはフォローしたユーザーに対し、指定されたSPINDLEをトレーディングフィーとして支払うのです。ZETA-2は自律的人間が適切な情報に基づいて意思決定を行うことが出来るようにZETA-1と連携し、監視・監査を行います。ZETA-2のリリースは、3段階のフェーズによるスケジュールを設計しています。

 

フェイズ1はERCトークンに絞った限定分散型取引所。フェイズ2は第3者の仲介を必要としない高速分散型取引所。フェイズ3は、完全非中央集権型高速分散型取引所なのです。

 

第3段階では、分散型信用スコアリングシステムを実装します。

 

第3段階では、ZETA-1やZETA-2により蓄積されたデータを元に分散型信用スコアリングシステムを実装します。ZETA-3における分散型信用スコアリングシステムは、特定の個人や企業、国に左右されることのない「公正」なシステムなのです。

 

各ユーザー同士の評価やZETA-2の客観的な取引データを元に分散的アーキテクチャーによる自律的な信用スコアリングを行い、公平で適切な信用スコアが真の意味での経済的自由の評価を実現します。

 

 

第4段階であるZETA-4は、ZETA-3までの展開が示唆する未来です。

 

第4段階であるZETA-4は、ZETA-3までの展開が示唆する未来です。ZETA-3によって構築される個人の信用スコアは、もはや単なる信用スコアではなく、自律制御された信用そのものになるのです。このZETA-3から移行する枠組みをここでは、信用の自律化(Credit Autonomy)と呼びます。

 

このステージではZETA-3で起こった爆発的な成長の代わりに社会に根付き、代替え不可能なインフラとして仮想通貨経済圏の中核に担います。初期段階のSPD WALLETは、技術面においてもZETAとは別のプロダクトとなります。1年以内の統合を目指し、SPINDLEや他通貨ホルダーの投資リテラシーを大幅に向上させるものとなるのです。

 

我々は金融の専門家を中心に、インターネット、ブロックチェーン、コミュニケーションの各分野で活躍する専門家たちと供にSPINDLEプロジェクトを進めています。

by GACKT

 

 

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。