仮想通貨 SPINDLE スピンドル SPDプラットフォームZETA ゼータとは?

仮想通貨 SPINDLE スピンドル SPDプラットフォーム ZETAとは何なのか?

ZETAを利用すればどういうことができるのか?

何を目的として作成されたものなのか?

今回は、その内容を探ります。

ZETAの可能性、ポテンシャルを予想すればワクワクする。

 

SPDプラットフォームであるZETAとは、簡単に言えば投資家とCHF(仮想通貨ヘッジファンド)の出会いを提供する出会い系マッチングサイトです。2017年秋から年末には全世界のヘッジファンド業界で動く資産は約275兆円と予想されています。

 

そこにブロックチェーン技術を用いて新たな投資の形を追求して作られたのが仮想通貨SPINDLEです。またそのSPINDLEを取り扱い、開発・運営する会社が株式会社BLACKSTAR&COとなります。

 

CHF(仮想通貨ヘッジファンド)とSPDホルダーがZETAを通じて、そのヘッジファンドが動かす大きな資産の数%のシェアを掴みとり、いままでは富裕層に限られていた投資のジャンルを一般化させることを目的とします。

 

ZETAの狙いは、CHF(仮想通貨ヘッジファンド)とSPDホルダーを透明性のある最も効率的な形でマッチングさせることです。CHFとSPDホルダーを透明性のある情報で結び付け、最も効率的な形でマッチングさせること、そしてその記録は情報源として改ざん不可能なものとなります。

 

ZETAの持つブロックチェーンシステムは全ての人に平等です。富や環境に左右されることなくZETA内での投資や観覧が自由に行えるということになります。富裕層に偏りがちであった情報も全てが開示された状態で観覧可能となります。

 

ここで気になるのが投資の最低資金です。いくらから資産運用可能なのか?こちらにつきましてはZETAに参加するCHF(仮想通貨ヘッジファンド)の設定に委ねられています。ユーザーにもCHFにも自由が提供される仕組みとなります。
投資家にもCHF(仮想通貨ヘッジファンド)にも自由が与えられた出会いの場こそがZETAなんです。

 

ZETAの持つ透明性と情報の確実性こそが信頼の証

 

SPDプラットフォームZETAでは、SPINDLE White Paper 2,0にも掲載されています通り、Block Chain技術を組み合わせ投資を行うCHF(仮想通貨ヘッジファンド)の提供する情報を絶対的に改ざん不可能な形で残します。

 

その情報を基としてSPDホルダーである投資家がCHF(仮想通貨ヘッジファンド)を信頼のできる情報の上で吟味して投資が行える仕組みです。そこがSPINDLE スピンドルの掲げる自由と自律なのかも知れません。繰り返せば知識も増え自信にも繋がることでしょう。

 


ZETA-α版 ZETA-β版 ZETA-1~4と進化👍


 

ZETA-α版始動が本年2018年秋ごろリリース予定とされていますので、それから新たにZETAへCHF(仮想通貨ヘッジファンド)の実績などの情報が蓄積されていくと思われます。投資の世界では何よりも実績が大切です。その実績を見てからでしかCHFへの投資実行の判断はできません。ZETAへ参加するCHFに対しても厳重な審査が実施されますので安心です。

 

ZETAα版ではSPINDLEから選抜された投資家のみが参戦します。続いてβ版リリースの時期は未定ですが、α版とZETA-1の間、2018年秋から2019年春ごろまでの間にβ版がリリースとなります。ZETA-β版は一般SPDホルダーからもランダムで抽選が行われ、その当選者に対しては、アンケート形式でのリテラシー調査が実施される予定であるとTELEGRAM SPINDLE OFFICIAL GROUPでSPINDLE創案者の宇田さんが言ってました。

 

宇田さんは、ほとんど毎日毎時間みなさんの質問に対応してくれています。SPINDLEに興味があれば参加は自由ですので是非、皆さんもご参加ください。話をZETAに戻します。

 

そして2019年の春ごろにZETA-1が開始となり、SPDホルダー全員参加です。ZETA-1では一般投資家とCHFなどのヘッジファンドが安全で完全に改ざんの無い状況下でのやり取りが行われます。しかも何よりも透明で誰にでも見えやすく、全ての判断が自由に行えます。ほんと楽しみですね。ワクワクします。

 

判断力のある自由で自立した人間の創造

 

自由で自立した人間を想像することがSPINDLEーZETAの最大のテーマとなります。SPINDLE スピンドルの開発を進めるBLACKSTAR&COは、中国では上海、イギリス(英国)のロンドン、日本では東京に拠点を置きます。日本のオフィスはBullion Japan株式会社仮想通貨取引所大手のKrakenと同じフロアとのことです。

 

ZETA1~4の4ステージがリリースされる前にα版とβ版も合わせると6段階のステップを経てZETAは進化するとされています。創案者の宇田さんのお話によれば

「ZETAは、究極的な分散型概念の前哨に過ぎず、構想では、ETA・エータ、THETA・シータ、Nu・ニュー、Σ・シグマと、進化してゆく予定です。」

このようにおっしゃっています。僕が「名前や形が変化していくということですか?」と尋ねますと、「進化の思想を表す言葉です。」とのことでしたので、ZETAの進化をギリシア文字で表現されたようです。様々な進化が繰り広げられるということですね。

 

ZETAの形態についてGACKTさん翻訳担当動画でも詳しく解説されていますのでご覧ください。

 

当ブログでは、この他にも情報は多数掲載しておりますので是非、ご覧くださいませ。

 

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。