アルトコインの減少によりZETAへの影響はありますか?

現在1600種類以上のアルトコインが存在しますが、その全てがこの先にも残るとは思えません。

また、新たなICOなどにより発生するアルトコインもあります。

特に2018年夏現在は中国市場のICOへの熱が熱いとも報告されています。

これからも増えては消えていくアルトコインがいずれは減少傾向となる見込みです。

そうなったときのCHF(仮想通貨ヘッジファンド)の動きなども含めてQ&A形式でお届けします。

 

アルトコインの減少が与えるZETAへの影響は?

 

今後も相当数のアルトコインが振るいにかけられそうですがゼータのサービスにはどのような影響があるとお考えでしょうか。
いい質問です。当然ながら、アルトコインが減少すれば、仮想通貨ヘッジファンドの中で数多くのアルトコインで運用を展開している場合、選択の幅は減少することとなります。ここで言う、排除されゆくアルトコインの特徴とは下記のような状況にあると言えます。

 取引量が少なく、時価総額も低迷している。

 ユーティリティートークンの場合、いつまで経ってもプロダクトローンチが見られず、事業ローンチの気配もない。

 セキュリティートークンの可能性。かつ法的見解、ストラクチャーが脆弱で、今後、金融当局などの規制を受ける可能性が高い。

 運営実態がない、もしくは不明瞭で、コンタクトも取れなくなっている。

投機的運用を中心として、様々な投資機会をとらえる仮想通貨ヘッジファンドにとって、上記も含めたアルトコインの取扱減少は、打撃とはなりえますが、世界中の仮想通貨ヘッジファンドを俯瞰するにおいては、影響は軽微と考えます。

その理由は、点在する仮想通貨ヘッジファンドは、自己資金ではなく他人財産での運用を実施している場合(これが多い)は、投資対象を開示する必要があり、おそらくですが、ポートフォリオに上記①~④のアルトコインの組入比率は低いであろうと想像できるからです。

従いまして、BITTREXにおけるアルトコイン減少等の事態もZETAへの影響は当面、軽微と考えています。

BITTREXは、何を恐れているのかというと、米国証券取引員会SEC及び、FBI米国連邦捜査局などからの召喚などを恐れており、
上記①~④に該当する違法性があると思わしき通貨取引は、リスクと考え、当該措置に出たと思われます。

 

また、仮想通貨に参入しているファンドは数百あるとの事ですが、そのうちのいくつかでもファンド名や運用実績をお示し頂くことは出来ますか?
年内β版ローンチの際の正式なプレス発表時において、参画するファンドを公開する方針ですが、参加予定ファンドの国籍は、英国を含む欧州、シンガポール、中東となる予定です。

 

何よりもZETAのリリースが待ち遠しいです。
テレグラムでのお話やSPINDLE White Paper 2,0などを拝見しますと、ZETAαのリリースは2018年秋ごろの予定みたいですね。

若干のバッファ(ゆとり)は見ておいてくれともおっしゃってましたが、ZETAαでは一般の利用は無く関係者で投資経験の長けた方が選抜されるようです。次にZETAβ版がリリースされ、そちらはSPDホルダーからランダム抽選で選ばれるとのことです。

その一般人への抽選を行い、リテラシー調査のためにアンケートでの審査が行われるとも言ってました。

僕もZETAβ版の抽選に当選できるといいんですがね!
どうでしょうかね~(≧∇≦)

 

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。