SPDの長期保有にハードウォレットを使用可能?

今回のQ&AではSPDのハードウォレット保管についての見解ですが、その前にSPDの保管方法としまして2018年7月7日現時点ではMyEtherWallet(マイイーサウォレット)でSPDを保有しながらMetaMask(メタマスク)を中継して

昨日2018 TOKENSKY TOKYOで宇田さんから上場決定が発表された分散型取引所(DEX)であるBancor(バンコール)を繋ぐという方法も有効ですのでご参考になさってください。

その方法を使えばMEW(マイイーサウォレット)から取引所に資金移動はしなくていいことや購入したものが直接MEWに入るというメリットもありますので、おすすめです。

その場合は、メタマスクでSPDのトークンの追加を行う必要がありますのでお願いします。

 

仮想通貨を取り巻くハードウォレット環境は?

 

私は長期保有を考えてます。昨今ありました、コインチェックのネム盗難のような事態を恐れています。spdに対応したハードウォレットをお作りになる予定はありますでしょうか?
いい質問です。 ハードウォレットの案は、既に昨年のSPD発案の時から、様々なアイデアが出ておりました。当方は、仮想通貨、トークン、ウォレットなど所謂(いわゆる)インダストリアルプロダクツと同等か、水平線上にあると見なしています。

現在、仮想通貨を取り巻くハードウォレット環境は、誰の目にみても脆弱で、例えば、代表的なものだとUSB型は普及しつつありますが、紛失という初歩的な状況に高額資産がとても耐えられるものではなく、この点に関し、SPINDLEスタッフの間で様々な議論・アイデアが出ています。

キーワードがあります。

1:破壊できない。
2:燃えない。
3:盗めない。

仮想通貨世界では、自分で自分の資産を守ることが、高度に要求されつつあります。
SPINDLEは、年内、公式発表します。
驚くべき提案になると思います。

確かにハードウォレットは脆弱な気がする・・・
僕の場合はMEWでSPDを保管しながらその他の仮想通貨を国内や海外の取引所に分散してます。
例えば国内ですとzaif ザイフbitflyer ビットフライヤーなどです。

特に今は取引したり動かす予定が無いんでそのまんまにしてますが、そろそろ本腰を入れて取り組まないといけない気もしてます。保管する上でのリスクも十分にわきまえる必要がありますが、動かす場合もむやみには行わず集中して行う必要があります。

SPINDLEのテレグラムでも送金ミス・アドレスの入力ミスなどの相談も多いです。入力したアドレスに間違いが無いかどうか、じっくりと最初と末尾の3桁くらいはせめて確認するようにしてください。

大事な資産が一瞬で吹き飛ぶこともありますので入念に行うようにお願いしますね!
では、また!

 

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。