ZETAに参入するCHF(仮想通貨ヘッジファンド)は信用できますか?

ZETAで取り扱われるCHF(仮想通貨ヘッジファンド)への信頼性が無ければZETAを使用するのも怖くなります。

ZETAに加盟するCHFに対してSPINDLEからの審査はあるのでしょうか?

あるとすれば、どのようなものなのでしょうか?

とっても気になりますよね。

それが無ければZETAの価値は間違いなく下がります。

SPDホルダーにとってZETAの価値こそがSPDの価格向上の要ですのでその辺をズバッと切り込んだQ&Aです。

SPINDLE スピンドル運営側からZETAに入るCHFへの審査はあるの?

 

CHFの精査(詐欺業者なのかそうでないのか程度の話)はスピンドル運営側が行うということでよろしいでしょうか?「ZETAで取り扱うCHF [Cryptocurrency Hedge Funds]は厳しい審査があります」というのが前提にないと、普通の取引所のが安心できそうな話になってしまいます。
無論でございます。ZETAで取り扱うCHFの公開情報を、SPDのホルダーはZETA上においていつでも、確認する事ができます。
但し、ZETAの大きな特徴として、SPINDLEにおけるCHFの匿名性というものがあります。これは、CHFが、自らの意思に基づいて公開情報限度を自由に設定できるものです。従って、SPDホルダーは、ZETAに参画しているCHFの公開情報や仮想通貨市場情勢を読み取り、自由にCHFを選択して投資することが出来ます。情報公開が十分に行われたCHFをよしとするのか、そうでないものも含めて投資してみたいと考えるのかは投資家次第です。ZETAを利用する投資家には、他のどの取引所よりも高い自由度が与えられる代わりに、自主自律的な判断が要求されます

 

やっぱり投資は自主自律的な判断が求められますね
どの投資も最終的には自己判断が全てになるのは理解します。でも詐欺には遭いたくないのも当然です。そちらは運営さんも当然に理解されてのCHF選定となりそうですね。

SPDホルダーに自由度が高いだけではなくCHF側にも高い自由度を提供してるところも魅力的な一面かもしれません。ZETAに参加するCHFが全て同じカラーだと選び甲斐も無くなりそうですしね。これも僕の個人的な話ですが、実績やZETA内での結果が全てだと思います。

まずは、一期様子見してみるのも作戦の一つです。そこで優秀な結果を上げたところへ分散して投資する。これが安全かもですよね。まだもう少し時間がありますので作戦を練ってみます。
まあ僕なりですがね!!!!!!!!!!(≧∇≦)

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。