ZETAを使用して原資が目減りする可能性(リスク)はあるのかな?

SPDが複数の取引所に上場して流動性が高まれば
SPDの価格剥離を狙う

 

CHF(仮想通貨ヘッジファンド)があったり
各々のCHFによるアセットアロケーションによって様々な運用形態が施されると思われます。

 

CHF(仮想通貨ヘッジファンド)の
運用手法は加速度的に増大しております。

 

ZETAを使用するときの手数料やリスク管理は?

上記のどの方法も原資が目減りする可能性があるという認識は合っていますか?

まず、現時点においてSPD・ZETAサイドは、ホルダーの皆様から一切の諸経費、手数料を取得しません。(送金時のガスコストはかかりますが)
目減りするかどうかは、SPDを含む仮想通貨時価総額が増大すれば、その懸念は払拭されるでしょう。

 

ZETAの利用に使用料は必要ないってことですね
だったらどこで儲けるの?って話になりますがそこは、各CHF(仮想通貨ヘッジファンド)から徴収するようですね。それが利用者側の使用料みたいなものかと思われます。

SPINDLE White Paperなどをご確認いただければ、ご理解いただけるかと思われます。ガスコスト=送金手数料とお考えいただければですので付け加えておきますね!

ZETAを使用して行うことはCHF(仮想通貨ヘッジファンド)への投資ですのでリスクは必ず存在することもお忘れなきようにお願いいたします。

 

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。