ZETAプラットフォーム利用時に仮想通貨ヘッジファンドとSPDの関係性

ここではZETAプラットフォーム内で
CHF(仮想通貨ヘッジファンド)へ

SPDを投資する際にどのような運用方法で
やり取りされるかということを解説します。

SPINDLE スピンドル メンバーさんの解説を
参考にまとめましたので、ご参考になさってください。

 

ZETAプラットフォームでのCHF(仮想通貨ヘッジファンド)とSPDの関係性

ZETAプラットフォームでヘッジファンドにSPDを入れる時は一度ヘッジファンドへSPDを売却するということになりますか?

SPDホルダーが、ZETAプラットフォームを利用して、ご自身で選択するCHF(仮想通貨ヘッジファンド)へ投資実行する際はSPDホルダーがSPDをCHFへ売却することを想定しません。現在状況(規制が関与した場合を除く)でいけば、CHF 仮想通貨ヘッジファンドは、SPDをそのまま受託してCHF側で任意にCHFが接続している取引所でCHFが運用で採用している通貨にエクスチェンジして使用することになります。

 

これは要するにだなぁ・・・ちょっと整理すると・・・
ZETAプラットフォーム内でCHF 仮想通貨ヘッジファンドへSPDを預けてそのSPDをCHFに運用してもらって利益を狙うってことよね!

理解できたつもりよ!(≧∇≦)
私は私なりにSPINDLE スピンドルに愛を注いでるの!
テレグラムに参加するだけでメンバーさんの熱意にも感動出来て大好きになっちゃうから試してみてよね!お願いね。

 

CHF 仮想通貨ヘッジファンドのSPDの運用方法は?

CHF(仮想通貨ヘッジファンド)はSPD→BTC→アルトコインにして投資するということですよね?

これはCHF 仮想通貨ヘッジファンドが、どのような運用を採択しているによって異なります。もしかしたらSPDが複数の取引所に上場し流動性が加速すれば、SPDの価格乖離を狙うCHFが登場するかも知れません。そのCHFのアセットアロケーションによって、複数の通貨に分散されたりするでしょう。
CHFの運用手法は、現在においても加速度的に増大しています。SPINDLE White Paperでも指摘している通り、世界の天才の誰かが出現する可能性はあります。(一夜にして逆になる場合もあります)

 

ZETAを使ってもリスクは考えないといけないのは当然よね
SPINDLEがZETAでCHF 仮想通貨ヘッジファンドと顧客のSPDホルダーの出会いを提供してくれる。でもそれは儲けを約束するわけではなく、あくまでもCHFとSPDホルダーの出会い系サイトみたいなものよね。

そこでどのCHFに投資を行うかを選択するのは、個人個人の裁量によるもの。普通に世界中のCHFと日本人で一般人の私が出会えるチャンスなんて考えられない話よね。

そりゃあ私でも専門的に勉強して面倒な手続きを行えば、特定のCHFと出会うことはできるかもだけど、そこまでの余力は普通生まれないわよね。その面倒の全てを省いてくれるのがZETAでそのZETAを利用するための仮想通貨がSPDってわけよね。

ZETAはCHF(仮想通貨ヘッジファンド)とSPDホルダーのマッチングサイトってことZETAとSPDの関係はZETAが自動車ならSPDがガソリンで、どちらも揃わないと走らないわけね。

とすれば、CHFは運転手さんみたいな感じかしら
この辺は、私ももう少し勉強が必要みたいだわ。

【DECIDE ディサイド】サイトマップ

2014y10m20d_222450140

こちらでは、当ブログの全記事を紹介するサイトマップをご紹介します。

 

各カテゴリ毎に分類された記事が新着の順番に並んでいます。

 

 サイトマップはこちらからどうぞ!

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。